インターネットで工場求人探しをするデメリット

情報が更新されていない場合がある

インターネット上で工場の求人を掲載しているところは、転職サイトをはじめとして工場を持っている企業のホームページなど様々なサイトが挙げられます。ただ、ここでデメリットとなっているのが、インターネット上に掲載されている情報が必ずしも最新のものではないという点です。公式ホームページの場合も更新頻度が定期的でなければ過去の情報のまま掲載されていることもありますし、転職サイトに掲載されている情報も場合によっては古いケースも少なくありません。そのため掲載されている情報を鵜呑みにしてしまうと、実は内容が変わっている部分があったり最悪のケースとしては現在は募集がかかっていないということもあるようです。 そのため、掲載されている情報をそのまま信じるのではなく、複数の情報と合わせて最新の情報を確認する必要があります。

連絡に時間がかかってしまう

ほかにもインターネットで工場の求人を探す場合のデメリットとして挙げられるのが、面接の段取りや採用に関しての連絡に時間がかかってしまう点です。電話で直接応募する場合はその場でやり取りをすることができるため、スムーズに面接の日取りなどを調整することができます。それに対してインターネットで工場の求人を見つけて応募する場合は、メールフォームから連絡をするケースが多いため相手とのやり取りにどうしても時間がかかってしまうのです。 そのため、すぐにでも工場で働きたいと思っていても、なかなか相手と連絡がつかないということもありますし、連絡がついてもどうしてもメールだとタイムラグが生じてしまうことから、スムーズに連絡が取れないことも珍しくありません。結果的に自分の思ったタイミングで面接ができなかったり、仕事が始められないということもあります。